カイロプラクティックの適応範囲外の頭痛 

頭が痛いと言っても、その痛みの原因は一つとはかぎりません。頭痛には、色々な種類があります。例えば、血管性のもの、神経が障害を受けたもの、筋肉からのものなど色々です。中には、脳腫瘍や脳血管障害(くも膜下出血等)など重篤な疾患をもった頭痛もあります。

頭蓋内障害や腫瘍、感染症などによる頭痛の危険信号

1.激しい頭痛のための一時的な失神

2.今まで経験したことのない激しい頭痛
3.頭痛と平行し、手足の痺れや麻痺が表れる
4.熱がでている(体温上昇)
5.50歳以降の初めて経験する頭痛
6.セキ、糞便時、首を曲げるなどしたときの頭痛の増悪
7.急に血圧が上がって来た
8.人格の変化
9.頭部外傷後の頭痛
10.視野欠損を伴う頭痛

 

以上の頭痛は、カイロプラクティック適応範囲外である可能性が高いので、まず、病院で検査を受けることをお勧めしています。

Copyright© 2010 ポート・カイロプラクティックセンター All Rights Reserved.