偏頭痛

症状

 ・ 偏頭痛の特徴として片側に出現するか、両側に出現しても強さに左右差があり拍動性の痛みである。

 ・ 数日ないし数週間の間をおいて発作的に出現するが、長くても2~3日で頭痛はいったんおさまる。

 ・ 発作時に、悪心、吐き気、光、音過敏が随伴する。

 ・ 寝すぎ、炎天下、飲酒、運動などにより誘発。

 ・ 偏頭痛は、遅くとも30歳くらいまでに発症。

具体的にはどのようなもの?

 偏頭痛が起こる原因は、いまだはっきりしておりません。しかしいくつか仮説があり、一番信じられているものが、三叉神経血管説という仮説です。三叉神経 とは、顔面の感覚を支配している神経です。この仮説は、何らかの刺激がこれらの血管に分布している三叉神経を刺激し、三叉神経終末から痛みの物質 (CGRP・P物質)が放出されます。その結果より、血管の拡張と炎症がおこり頭痛が出現するという仮説です。

カイロプラクティック治療
 
 偏頭痛は、血管の過剰な収縮や拡張によりおこってきます。この血管の運動には、自律神経が関与しています。カイロプラクティックは、この自律神経の働き を背骨を通し正常化することにより、頭痛の改善を期待します。ただし、重度の痛みを持つ偏頭痛の方は、病院の治療と伴にカイロプラクティックの治療を併用 することをすすめています。

Copyright© 2010 ポート・カイロプラクティックセンター All Rights Reserved.