筋筋膜性頭痛

症状

 頭痛は、頭頂部から側頭部、目の置くまで多種多様の頭痛を出す。痛みは、鈍くうずくような痛みが広がるような痛みで、首や肩の筋肉の凝りやこわばりが感 じられる。頭部以外の首や肩の筋肉を触るとしこり様の塊が見つかり押圧を加えると頭痛を再現できる。

具体的にはどのようなもの?

 筋筋膜痛症候群とは、事故などの外傷やCRTオペレー ター(パソコン等のオペレーター)での筋の使いすぎからくる慢性の筋挫傷等で生じます。要は、筋肉が損傷を起こして痛みを伴いながら過剰に緊張をしている 状態です。 特に、繰り返し筋を使う仕事や、座っている姿勢の多い人等に生じやすい症状です。

カイロプラクティック治療

背骨の動きを調節し、痛みを出している筋肉へのストレスをなくしながら、筋肉を治療し正常な状態に戻していきます。カイロプラクティック治療の有効率は、非常に高いので改善を期待しても良い症状です。

Copyright© 2010 ポート・カイロプラクティックセンター All Rights Reserved.